2004年05月09日

十代の若者サッサーワーム作成自白

 今日は、BBC News Front Page で見つけたニュース、日本でももうすでに伝えられていつとは思いますが、これを。久々にイラク関係以外の記事です。

 18才のドイツの高校生が「サッサー(Sasser)」インターネット・ワームを作成したことを認めたと、警察は伝えた。

 そのワームは、先週何十万台ものコンピュータに感染し、絶えずシャットダウンやリブートを繰り返させた。
 その十代の若者は、金曜日、北ドイツのローテンブルクの町近くで、FBIとMicrosoftの協力で逮捕された。少年は今は釈放されている。
 捜査官は、彼の自宅から多くのコンピュータとディスクをと押収した。彼の単独犯罪と考えられている。
 少年の身元は明らかにされていないが、ドイツの週刊誌シュピーゲル紙は、CIAとFBIは合同でスウエンJという容疑者を捜査していると伝えていた。
 彼は、ドイツ法では最大懲役5年の刑になるコンピュータ妨害罪(?)の容疑で現在取り調べを受けていると、BBCのベルリン特派員トリスタナ・ムーアは伝えている。

 Blaster タイプのインターネットに接続するだけで感染するウィルス(ワーム)ですね。セキュリティの意識が世界的にも広まっているのでしょうか、Blaster ほどの被害にはならなかったようですが、専門家たちは、新亜種の登場、マスメーリング型ワーム Netskyと統合したようなウィルス(ワーム)が現れるのではないかと警戒しているようです。
 と言っても、作成者が高校生というのは驚かされます。また、ウィルス作成などネット上での犯罪は、CIAや FBIに捜査されるんだなあと、初めて知りましたね。
posted by Bohen at 11:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

友達に裏切られたSasser作者の少年の素顔《びくびく度3》
Excerpt: Sasserなどのウィルスを作成したスベン・ジャスチャン少年は、北ドイツの田舎の村で暮らしている。この記事では、彼の素顔と友人に裏切られた経緯に関する情報を紹介する。
Weblog: なんでも評点
Tracked: 2004-08-17 13:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。